高橋祥医師1 高橋祥医師5 高橋祥医師3 高橋祥医師2
2012年 陸前高田市にて
撮影:タカオカ邦彦

生きがい作り(社会処方箋)

私たち人間はかならず年を重ね、かならず体は衰えていきます。

体だけでなく、認知機能障害やうつなどの心の問題や、
人によっては一人暮らしや貧困などの
社会的な問題も徐々に現れてきます。

そんな中で大切なことは引きこもらずに他者と交流を持つこと。

体を動かすことで筋力が保たれ転倒骨折を予防でき、
人と関わることで頭も使い刺激も入り、
話し相手もいることで心も晴れ、
考え込まず相談することで解決できることもあります。

交流を持つため生きがいや張り合いを感じるなにかを見つける。

健やかに過ごせるようそれが見つかるよう応援します。